2008年06月29日

とろけた骨と男たちの大和ですよ

今朝起きたところ、アセスでの歯磨きが功を奏したのか、歯の痛み若干引いていたのですが、歯茎の腫れが相変わらずマキシマムアタック状態だったので、朝イチでショッピングセンター「ゆめタウン」内の土日もやってる歯医者さんに行ってきましたよ。



運良く予約の隙間ですぐに診ていただき、患部のレントゲンを撮ってもらったところ、どうやら顎の骨が溶けてきているそうなのでした(TT)

通院は出来ないので、応急的に噛んだ時に患部の歯が当たらないように削ってもらい化膿止めの抗生物質を処方していただきました。

というわけで、歯の痛み問題がようやくひと段落したので、今日は予定通り呉市にある「大和ミュージアム」に行ってまいりましたよ〜(^^)



海がらみということで、入り口前には巨大なポセイドン像鎮座ましましておりました。




立派にチン座ましましている皮付き激写!して(ry

館内でまず目を引くのは、10分の1スケールの戦艦大和の巨大レプリカです。




この巨大さはまさに圧巻!なのでした〜(^o^)

そして1・2階の常設展示では、大和開発までの軍艦の歴史から大和開発の過程その最期、そして現在の海底での大和の様子等が説明されておりました。



こちらが海底に沈んだ大和の現在の状態の模型です。
薬室の爆発真っ二つになってしまったそうですよ。

3階では現代の造船技術についての解説コーナーと、「未来へ」と称した展示スペースがありました。



未来へ」コーナーでは、いきなり宇宙戦艦ヤマトアナライザーがお出迎えですよ〜(^^)

このコーナーは名誉館長である松本零士先生の作品を通して、宇宙開発技術等を学べるスペースとなっております。

また、ミニシアターでは、森雪みたいなキャラ鉄郎みたいなキャラが繰り広げるポリゴンアニメも鑑賞できます♪



そして、宇宙戦艦ヤマト巨大模型もありました。



裏側はカットモデルになっておりました〜。

こうして「大和ミュージアム」の展示を堪能!した僕たちは、1階のミュージアムショップへ。
ここで謎の飲料を目撃したので、早速買ってみましたよ。



高級 げんまい乳」です〜。
原料は玄米とこうじと砂糖ということで、お味は冷たく冷やしたクセのある甘酒といった雰囲気でした。
甘酒好きなら飲んでおいて損はないアイテムですよ〜(^o^)

甘酒嫌いの相方は断固拒否!でしたが・・・(^o^;;;

続いて僕らは、大和ミュージアム向かいの「海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)」も見学〜。




建物の前には巨大な潜水艦鎮座ましましております〜。

こちらでは掃海(機雷の除去)についての資料が多数展示されておりました。
そして、それらの展示を見終わると、おもむろに現れる謎の入り口



ここが建物前に鎮座ましましていた退役潜水艦「あきしお」の内部に入れる入り口なのです〜(^^)

内部ではソナー潜望鏡等を体験してきましたが、発令所の撮影は厳禁!なので写真は撮ってませんよ(^^;;;

そして、今日の見学の総仕上げに、お土産屋さんのビルの2階にあるという、映画「男たちの大和」のロケセット展示場に向かいました。



エスカレーターで2階に上がってみると・・・




いきなり登場する天井を突き破る副砲巨大な主砲期待もアゲアゲ↑だったのですが、他があまりパッとしない感じで、なんだか美術倉庫を見学しているような気分になりました(^^;;;



ちなみに、あくまでも映画のセットなので、こんなにリアルな鉄の釜



本体からハンドルに至るまでプラスチック製だったりします(^^)

そんな美術倉庫をあとにして、僕たちは1階の軽食屋さんたこ焼きと、



レアな感じの昭和系飲料「パレード」をいただいたのでした(^^)



手前が僕が飲んだ“ミルクセーキ”で、奥が相方の飲んだ“フルーツミックス”です。

たこ焼きの方はベースにしっかりとおダシの味が効いていて、とっても美味しかったです(^^)
そして「パレード」は強烈に激甘ながらも、昭和を思い起こさせるとっても懐かしいお味なのでした〜(^o^)
posted by ちゃぶ〜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと