2008年10月15日

湯島天神のギンナンで茶碗蒸しですよ(^^)

今日は、湯島天神で拾って、くっせー果肉をむいて、乾燥作業中ギンナンをちょっと使って、茶碗蒸しを作ってみましたよ〜(^^)

ギンナン以外の具は、鶏皮干しシイタケハンペンみつばでした〜♪

なぜカマボコではなくてハンペンを使ったのかというと、ただ単にハンペンが好きだからなのですよ(^^;;;

下ごしらえとして、ギンナンは殻をむいて塩茹で、シイタケはぬるま湯で戻し、鶏皮は下茹でし、ハンペンは1.5cm角に切っております。
そして、そんな材料の皆様を茶碗に入れて蒸すのですが、ウチには蒸し茶碗がないのでチキンラーメン用のドンブリで2人分をガッツリ作りました(^^)v



ここに卵液を注いで、上にみつばを乗せて蒸しますよ〜。
卵液は、玉子2個だし汁1.5カップ(シイタケの戻し汁含む)で作っております。



ちょっくらみつばコンモリ山盛りな気もしますが、気 の せ い ですよ〜(^^;;;

まずは強火で2分蒸し、その後弱火で13分蒸し上げました。
というわけで、出来上がりはこちら♪



火力が強かったのか、茶碗蒸しの表面に割れが出来てしまいましたが、中身はツルンツルンな仕上がりでしたよ〜(^^)

ハンペンの柔らかな食感ギンナンのアクセントイイ感じで、とっても美味しい茶碗蒸しになりました〜(^o^)

今日はこの茶碗蒸しと、



『博多一風堂』風辛子もやしなのでした〜。
久々に自家製ラー油を作り、雪国もやしと合えております。

やはり本家の辛子もやしには一歩及ばない感がありますが、結構美味しく仕上がってました
posted by ちゃぶ〜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいものが好き