2008年10月19日

6000分の1のインドア芋煮会ですよ(^^)

今日の晩ご飯は、里芋いろんな材料と煮込んで作る“芋煮”を作ってみましたよ〜(^^)

作るにあたってレシピをイロイロと調べてみたのですが、調味料の分量については「醤油:適量、日本酒:適量、砂糖:適量」で「それぞれの家の味があります」といった記述が多く、ハッキリした分量が不明だったので、毎年山形市で行われている『日本一の芋煮会フェスティバル』のホームページに書かれた分量を参考にしてみました。

といっても、あれは6mの大鍋で作る超巨大芋煮なので、水の量を1リットルとした時の各材料の分量を計算して、6000分の1スケールの分量を出しました〜(^^)

【日本一の芋煮会の材料(公式HPより)】
6t、醤油700リットル、日本酒50升(約90リットル)、砂糖200kg、里芋3t、牛肉1.2t、コンニャク3500枚、長ネギ3500本

【6000分の1の芋煮会の材料(カッコ内は今回実際に使った分量)】
1リットル、醤油100ml、15ml(大さじ1)、砂糖33.3g(大さじ3)、里芋500g(450g)、牛肉200g、コンニャク0.58枚(1枚)、長ネギ0.58本(1本)

【ついでに入れたゲスト材料】
しめじ(1株)、はんぺん(1/2枚:冷蔵庫にあったので(^^;)

【作り方ですよ】
1.お鍋に水を入れ、一口大に切った里芋と手でちぎったコンニャク、酒、醤油(半量)を入れて里芋が柔らかくなるまで煮込みます。

2.アクを取りつつ、牛肉、しめじ、はんぺんも加えて、醤油(残りの半量)、砂糖を入れてさらに煮込みます。

3.最後にネギを入れて一煮立ちさせたら出来上がり〜(^^)



6000分の1くらい雰囲気が出てるでしょうか(^^?)
野外で食べると美味しさ倍増」といろんなサイトに書いてあったりしましたが、ベランダで食べても寒いだけなので、インドア芋煮会なのです〜(^^;;;

器に盛り付けていただきますよ〜(^^)



日本一のレシピを参考にしてるだけあって、お味は辛すぎず甘すぎずステキなお味でしたわ〜(^o^)
posted by ちゃぶ〜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいものが好き

カツカレーはどこへ行った???

今日のお昼は、相方と散歩がてら上野方面ブラブラしてきましたよ〜(^^)

お昼はアメ横の裏路地でお店を探していたのですが、カツカレーの写真が載せられたランチメニューの立て看板が目に入り、そのお店に直行〜

早速テーブルについてカツカレーを注文しようとしたところ、

「あの看板は系列店の地下のお店のものだから、ウチではカツカレーは扱ってません

お断りされてしまいましたよ〜(TT)
というか、地下の店舗の入り口なんて看板の周りに見当たらなかったのですが・・・(^^;;;

そこで仕方なく相方と洋食プレートを注文したのですが、付け合せのサラダを食べていたら中から髪の毛が出てきやがりましたよ(TT)

店員に言ってみたら、通り一遍のお詫びはしていただきましたが、お代はシッカリ取られましたので、このお店をご紹介しておきますね(^^)



髪の毛ランチを食べるなら、上野の『吟○蔵』がオススメですよ〜(^^;;;

【オマケ】
髪の毛ランチをいただいたあとに上野公園をブラブラ散歩していたら、エサを求めてウロウロするノラネコちゃんを発見したので激写!しておきましたよ(^^)



うしろのタマプリプリしておりました〜ω
posted by ちゃぶ〜 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと