2006年10月01日

美しい国、日本

安倍晋三新総理大臣キャッチフレーズ、“美しい国、日本”を聞くたびに、映画『二百三高地(1980)』を思い出すちゃぶ〜です(^^;;;

映画『二百三高地』では、ロシア文学を愛する小学校教師、小賀(あおい輝彦)が、日露戦争に出征することになった際に、教え子達を前に黒板に“美しい國、日本 美しい國、ロシア”と書き残していくのですよ。

そしてラストシーン、日露戦争が終結し、故郷に残された恋人佐知(夏目雅子)が、小賀が遺した言葉を教え子達の前で再び黒板に書こうとするのですが、“美しい國、日本”とは書けたものの、愛する者を奪った国“ロシア”の字を書くことができず、教室を飛び出して泣き崩れてしまうのです。
エンディングの「防人の詩」と相まって、とっても泣けるシーンなのですよ〜(TT)

そんなわけで、久し振りに『二百三高地』が観たくなったので、

ネットで借りて 自宅に届き ポストへ返却♪(by ニホンザル 三代目次郎)”

のTVCMでおなじみのDMM.comに会員登録をしてDVDをレンタルしてみましたよ〜(^^)

実はこの作品、VHSで持っているのですが、ビデオデッキをつなぐのがマンドクセ('A`) だったのと、最初の1ヶ月は無料とのことだったので、月額借り放題を試してみたのでした。

DMM.com月額借り放題は、ウィッシュリストタイトルを保存しておくと、2枚1セット(シングルパックの場合)で自動発送され、発送の際には「発送メール」が届くとのこと。

で、金曜日に『二百三高地』と『日本沈没(旧作)』をウィッシュリストに入れてみたのですが、どうやら在庫が全部貸し出されちゃっているらしく、2日経っても「発送メール」が全然来ないのでした(TT)

やはり安倍さん「美しい国、日本」効果品薄なのかしら〜(たぶん単にDVDの用意数が少ないだけで〜す(^^;)。
このままではせっかくの無料期間終わってしまいますよ〜orz

【オマケ】
今日、テレビ東京系の『元祖!大食い王決定戦』を見ていてふと思ったのですが、あの大食いの方々って、収録後にどれだけのウンコをするのかしら〜?(^^;;;

鮭茶漬け10kg”とか食べちゃうと、その後のトイレが山盛りになりそうです〜(下品でスイマセンm(_ _)m )
posted by ちゃぶ〜 at 22:53| Comment(2) | TrackBack(1) | 日々のこと
この記事へのコメント
トラックバック失礼致します。
Posted by toshiki at 2006年10月02日 16:15
> toshikiさん
TBありがとうございます〜m(_ _)m
これはまさに“小泉劇場”ですねぃ〜(^^)
Posted by ちゃぶ〜 at 2006年10月03日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1366203
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

映画「小泉純一郎」近日公開…?
Excerpt: 「美しい国」と言う意味不明な言葉をキャッチフレーズに安部政権が誕生した。明るい笑顔で小泉、安部両氏のバトンタッチが行われ、新しい日本の夜明けが誕生?小泉さんをネタに記事を書くのもこれで終わりかと思うと..
Weblog: プールサイドの人魚姫
Tracked: 2006-10-02 16:17