2006年10月21日

三波春夫のニセモノでございます

明日には東京に帰る予定のちゃぶ〜@実家でじょんのびです〜(^^)

お約束の今日のネコですよ〜。



ベッドでお昼寝中の様子を激写!しました(^^)

今日は父がお休みだったので、お昼に父と妹と僕とで地元の『農協まつり』に行ってみました〜。



車内から撮った巨大アンパンマン風船です〜。「一回100円」と書いてありました。

会場では、トラクター等の農機具植物活性剤のネーム入り帽子から、果ては墓石まで幅広く物販されてました。

また、イベントの目玉として、三波春夫ニセモノもといソックリさんの“みなみの春夫”なる人物のソックリ歌謡ショーが開催されてました。



観客席が非常にお寒い感じですが、実はビニールシートの後ろの方ではソコソコの人数が見物してました。
要は「ワザワザ靴脱いでまで近くで見ねぇでもいいかな」という感じ(^^;;;

この“みなみの”さん、三波春夫の曲を歌った後は、衣装と小道具をとっかえひっかえ変えながらソックリ歌謡メドレーを繰り広げていたのですが、選曲が古すぎてイマイチ盛り上がりに欠けてました(^^;;;

その上、曲間のトークが明らかに“綾小路きみまろ”を意識している割にあまり面白くなかったので、やはり盛り上がりに欠けてました(^^;;;

要は全体的に盛り上がりに欠けてました(^^;;;

そんな“農協まつり”をあとにして、次は県央地場産業センターで行われている“質流れ品の大処分市”に行きました。

骨董品や高級家具がメインだったのですが、中には薄汚れた横笛弦の切れたバイオリン等の不思議なアイテムも販売されていました(^^;;;

結局見るだけ見て何も買わなかった僕たちは、街中に移動して、ラーメン屋さん“姥姥ラーメン”で昼食をいただきました。




ここは“幻の塩ラーメン”とデカデカと掲げてあるだけあって、岩塩を使用した塩ラーメンがメインの様子。

でも僕は“こってりたまねぎラーメン醤油味)”を注文しましたが(^^;;;

見た目は昨日食べた“侍ラーメン”同様、醤油スープ背脂ビッシリだったのですが、“”と違いスープの醤油辛さほとんど無く、ベースとなっているスープの風味がよく分かるお味でした。

また麺は“自家製・包丁切り”で普通麺太麺がチョイス可能でした。
僕が選んだ太麺は、噛むほどに麺から甘みがしみ出す感じでとってもイイ感じでした(^^)

また、父の頼んだ“こってり塩ラーメン”も、やはり風味豊かで、醤油ラーメンよりもこちらのスープのほうが個人的には好みでした(^^)

ただし、妹が頼んだ“味噌ラーメン”は、あまり特徴がない感じでした〜(^^;;;
味噌ダレの味が強く出てしまっていて、何の変哲も無い味噌ラーメンになってしまっておりました。

このお店ではやはり“塩ラーメン”を頼むのがだと思いました〜。

夜には妹のダンナがやって来て、ウチの家族と一緒にレストランでお食事会なぞしておりましたよ。

そんなわけで、一週間の実家でじょんのびも今日で終了〜
明日東京に戻ります〜(^^)/
posted by ちゃぶ〜 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々のこと
この記事へのコメント
こんばんは〜
みなみの春夫さんのこの写真。
なんかすごく切ないですf(^_^;
このビニールシートの面積は何?
嫌がらせ?

ちゅうかこの人…
ギャラいくらなんだろう?
Posted by まぁる at 2006年10月22日 19:47
> まぁるさん
どうもです〜(^^)

みなみのさん、切ないですよね〜(^^;;;
彼のショーの寒さもあって、このビニールシートがまるで“進入禁止区域”のようになってました〜(^^;;;

ちなみに『みなみの春夫』で検索したらプロフィールページがありました。

http://takepro.net/third/a/03/02/minaminoharuo.htm

レパートリーが“東海林太郎”とか“ディック・ミネ”とか、かなり渋めです〜。
ショーでは“バーブ佐竹”のモノマネもやってました(^^;;;

オフ会で呼んでみるのも・・・ナシですね(^^;;;
Posted by ちゃぶ〜 at 2006年10月22日 22:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1499094
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック