2008年10月19日

6000分の1のインドア芋煮会ですよ(^^)

今日の晩ご飯は、里芋いろんな材料と煮込んで作る“芋煮”を作ってみましたよ〜(^^)

作るにあたってレシピをイロイロと調べてみたのですが、調味料の分量については「醤油:適量、日本酒:適量、砂糖:適量」で「それぞれの家の味があります」といった記述が多く、ハッキリした分量が不明だったので、毎年山形市で行われている『日本一の芋煮会フェスティバル』のホームページに書かれた分量を参考にしてみました。

といっても、あれは6mの大鍋で作る超巨大芋煮なので、水の量を1リットルとした時の各材料の分量を計算して、6000分の1スケールの分量を出しました〜(^^)

【日本一の芋煮会の材料(公式HPより)】
6t、醤油700リットル、日本酒50升(約90リットル)、砂糖200kg、里芋3t、牛肉1.2t、コンニャク3500枚、長ネギ3500本

【6000分の1の芋煮会の材料(カッコ内は今回実際に使った分量)】
1リットル、醤油100ml、15ml(大さじ1)、砂糖33.3g(大さじ3)、里芋500g(450g)、牛肉200g、コンニャク0.58枚(1枚)、長ネギ0.58本(1本)

【ついでに入れたゲスト材料】
しめじ(1株)、はんぺん(1/2枚:冷蔵庫にあったので(^^;)

【作り方ですよ】
1.お鍋に水を入れ、一口大に切った里芋と手でちぎったコンニャク、酒、醤油(半量)を入れて里芋が柔らかくなるまで煮込みます。

2.アクを取りつつ、牛肉、しめじ、はんぺんも加えて、醤油(残りの半量)、砂糖を入れてさらに煮込みます。

3.最後にネギを入れて一煮立ちさせたら出来上がり〜(^^)



6000分の1くらい雰囲気が出てるでしょうか(^^?)
野外で食べると美味しさ倍増」といろんなサイトに書いてあったりしましたが、ベランダで食べても寒いだけなので、インドア芋煮会なのです〜(^^;;;

器に盛り付けていただきますよ〜(^^)



日本一のレシピを参考にしてるだけあって、お味は辛すぎず甘すぎずステキなお味でしたわ〜(^o^)
posted by ちゃぶ〜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいものが好き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック