2009年01月17日

イタリアンを作ってみたゾ(^^)

今日の晩ご飯は“イタリアン”を作ってみましたよ〜(^^)
といってもイタリア料理を作ったわけではなく、新潟名物焼きそばにトマトソースがかかったファーストフードを作ってみたのです〜(^^)



こちらはお正月に帰省した時にサティのフードコート内の「みかづき」で食べた“イタリアン”の写真です〜。

で、今日はコレを再現するべく、「みかづき」のホームページ内の「イタリアンって何?」コーナーからヒントになる情報を拾ってみましたよ。

まずは『自家製太麺とキャベツ・もやしを特製ソースで炒め、粉チーズで味付け。白生姜(紅生姜じゃないのがミソ) を添え、特製トマトソースをかけて提供』するのだとか。

イタリアンの麺かなりの太麺なのですが、市販の麺ではそれっぽいのがなかったので、今回はフツーの焼きそばの麺を使っております〜(^^;;;

また、『あのトマトソースは「ケチャップ」ではありません。』とのこと。

ケチャップは隠し味程度の使用で、ベースは「トマトペースト」。そして特徴のある甘味は玉葱をじっくりと炒めたものなのだそうです。
今回は1個半の玉ねぎ40分かけてじっくり炒めて炒め玉ねぎペーストを作りましたよ〜(^^)

そんなわけで、トマトソース焼きそばを作ってみました♪

【トマトソースの材料ですよ】
玉ねぎ(中1個半:炒め玉ねぎにする)、ニンニク(2片)、ニンジン(1/2本)、セロリ(1/2本)、合い挽肉(70g)、赤ワイン(1/3カップ)、ホールトマト缶(1缶)、ケチャップ(小2)、塩コショウ(少々)、砂糖(小1)、バター(10g)
※野菜は全てみじん切りですよ。

【トマトソースの作り方ですよ】
1.玉ねぎをみじん切りにしてバター(20g)でじっくり炒めて炒め玉ねぎにします。



2.オリーブオイルでニンニクを炒め、香りが出たらニンジン・セロリを炒め合わせ、火が通ったら合い挽肉をさらに炒め合わせます。肉に火が通ったら炒め玉ねぎを加えておきます。

3.赤ワインを加えてアルコールを飛ばしてから、ホールトマトを潰し入れ、ケチャップ・塩コショウ・砂糖を加えて水気が飛ぶまでグッツラ煮詰めます。

4.バターを溶かし入れたら完成ですよ〜♪



イタリアン”のトマトソースより若干酸味がありますが、これはこれでイイ感じなのです(^^)
また、本来はトマトソースにコーンが入っているのですが、買い忘れたので省略しております(^^;;;

【焼きそばの材料ですよ】
焼きそばの麺(可能な限り太麺)、キャベツもやしソース(濃くなりすぎない程度の量)、粉チーズ

【焼きそばの作り方ですよ】
フツーにソース焼きそばを作って粉チーズで仕上げますよ(^^)

そして、焼きそばにトマトソースをかけた“イタリアン”風のアレがこちら。



白ショウガ買い忘れたので省略です〜(^^;;;

やはり市販の焼きそばだと麺が細くなってしまって食感が違う感じではありますが、炒め玉ねぎの効果でソースの酸味が抑えられていて、これはこれで美味しかったですわ〜(^o^)
posted by ちゃぶ〜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいものが好き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック