2009年04月17日

今日は良くない「一風堂」に当たりましたよ(^^;;;

今日の晩ご飯は、相方が「久しぶりに一風堂のラーメンが食べたいよ〜」と言うので、いつも行ってる「博多一風堂」 上野広小路店に行ってきましたよ〜(^^)



ちょっくら行列が出来ていたので、外で並んでからカウンター席に通されたのですが、今日はとにかく店員さんが良くなかったですね〜(^^;;;

まず、「箸とお冷やお出ししまーす」とか言いながら、いきなり僕が見ている最中のメニューの上箸を置いてくるやら、お冷やラーメンが出てきても持ってこないやら、注文はなぜか突っかかるような態度で取りに来るやらと、初っ端から今まででは考えられないような不穏な感じでした。

そして、ラーメンと一緒にサイドメニューの「博多バンズ」を注文したのですが、僕は「辛味噌味」を注文したのに、出てきたバンズには明らかに「明太子マヨネーズ味」のピンクのツブツブが入っておりました(^^;;;

そこで通りかかった店員さんに「これ辛味噌ですか?」と尋ねたところ、「はいそうですが」としれっと言われてしまいましたよ(^^;;;;;
でもさすがにバンズからハミ出てるピンクのツブツブには気が付いたらしく、厨房に確認を取ってようやく注文ミスを認めてくださいました。



こちらが僕の注文した「辛味噌味」の博多バンズですよ。



あと「赤丸かさね味」です〜。
ラーメンはフツーに美味しかったのですが・・・。

ラーメンを食べている間も、厨房では店員さんたちが「ちゃっちゃちゃーす!」だとか、「ラーメンどこ?ラーメンマン(笑)」などと楽しそうにおふざけしていて、店員さんの質の低下を実感させられました。

湯島に引っ越して来てから数年、数え切れないほどここの「博多一風堂」でラーメンをいただいてきましたが、これまで一度も接客態度に不満はありませんでした
それは日頃の接客教育の賜物なんだろうといつも感心していたのですが、それだけに今日の注文を取る時の態度注文ミスの対応厨房内のおふざけが目に付いて非常に残念でした。

奇しくも今週、テレビ東京系で放送された『カンブリア宮殿』に、「一風堂」の創業者である河原成美さんが出演されていて、「店は“舞台”だ」と熱く語られていたのを見たばかりだったので、理想と現実との乖離を目の当たりにしてビックリ&ガッカリしました。

去年までは決してこんなことはなかったはずなのですが、隣にあった有名店「山頭火」が撤退したのもあって気が抜けたんでしょうかね〜(^^;;;

こんな接客態度なら、特に「一風堂」を選ぶ理由無くなってしまいますわ〜(^^;;;
posted by ちゃぶ〜 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいものが好き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック