2007年01月07日

カブキロックス初もうで

今日は相方と、江戸川区の東部フレンドホールで行われたライブイベント『共育プラザ New Year Live 2007』に行ってきました〜(^^)

このイベントは、地元の中高生のバンドマンの皆さんによる合同ライブなのですが、観客席には参加バンドの親御さんと思われる方々の姿も見え、まるで学芸会のような、いい意味でアットホームなイベントでした。

そして、このイベントの審査員ゲストバンドとして、我らがカブキロックスが登場するということなので、“カブキロックス初もうで”ということで見に行ったのです〜。

カブキロックスのゲストライブは午後6時頃ということなので、僕らは夕方に会場に向かいました〜。



こちらが会場の東部フレンドホールで〜す。外は寒かったので中から撮ってみました(^^;;;



こちらはかなり狭めの喫煙室です。横からフレームインしているのは相方のピースで〜す(^^)



今日のイベントのポスターも貼ってありましたわ〜。

かなり後半の方で会場入りしたので、参加バンドを少しか見られませんでしたが、中高生ながらもなかなか本格的な演奏で、思わず感心してしまいました〜。

一番ラストに登場した女の子によるボーカルデュオの横幅の広めな娘を見たときに、昔イカ天ビデオで見た「たちくらみ」というバンドのヴォーカルを思い出しました。僕的には萌えでした〜(*^^*)

閑話休題。出演バンドの演奏が全て終了し、いよいよカブキロックスによる“模範演奏”がスタート!
僕も最前列に移動して待機してましたよ〜(^^)

まず一曲目は、4thアルバム『轍』から“君恋し”。
やはり模範演奏だけあって安心して聴けますねぃ〜(^^)

続いて、氏神さんのあいさつの後“虹の都”と“PURPLE LADY〜藤娘〜”を2曲続けて演奏。メリ&ハリの効いた素晴らしい選曲です。

そして、「この曲を聴いてチャレンジする気持ちを持ちつづけて欲しい」ということで、“Challenger”。
さらに続けて“Another Lion〜炎の獅子〜”を演奏。やっぱりカッコイイ
でも、“Another Lion”では歌詞を間違えたのか、氏神さんが途中でテレ笑いを浮かべながら歌っておられました。相変わらずお茶目ですねぃ〜(^^;;;

ラストはいつもの振り付けの練習&氏神さんの「これをやらなかった人は、東部フレンドホールを一歩出たとたんに・・・」のセリフのあと、おなじみの“お江戸”だゼ!O・E・DO!\(^o^)/

ゲストライブながらも、6曲も堪能できて大満足のひと時なのでした〜(^^)

カブキロックスのゲストライブ後も、引き続き最前列で表彰式の様子を拝見〜。

このイベントの成功のために尽力された“カンノ先生”こと侍麹之助さん(サポートキーボーディスト)による各賞の発表と賞状授与、そして全参加バンドとカブキロックスによる記念撮影、そして会場が一つになった三本締めまでを見届けたのでした〜。

参加者である中高生の皆さんの熱意が感じられた、ステキなイベントでした〜(^^)

あと、帰り際に氏神さんが撒かれた紙ふぶきを2枚ほど拾って帰りました(^^;;;



会場を出ると、外は物凄い強風で、店先のトイレットロールや駅前の自転車が大変な事になってましたよ〜!




ところで、今日のイベントに痛く感動したので、帰りに寄ったモスバーガーで相方に「バンドやろうゼ!」と言ってみたら、「ナニを言っとんねん」と一蹴されてしまいました(^^;;;

さて、次のカブキロックスのライブは27日のジャポネスクルーですよ〜。
僕はモチロン行きますゼ!
posted by ちゃぶ〜 at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | I love KABUKI-ROCKS!
この記事へのコメント
すごい風でしたね(;´Д`)
自転車ドミノ倒しみたいで大変そうだけどちょっと笑ってしまいました(殴

>バンド
お〜w いよいよ結成ですかw(違
Posted by はるぼぉ at 2007年01月08日 10:20
> はるぼぉさん
お誕生日おめでとうございます〜(^^)

昨日は本当に凄い風でしたねぃ〜(^^;;;
会場を出たら既に自転車ドミノの嵐でした。
帰りにブックオフで買った本が吹き飛ばされそうになって焦りました〜(^^;;;

ブラスバンドの経験しか無い僕は、楽器といってもトランペットしかできなかったりします(滝汗
ギターをカッコよく弾きたいなぁ〜と思っているのですが、相方曰く、「指が短いからコードが押さえられないんじゃない?」とのことでした〜(TT)
Posted by ちゃぶ〜 at 2007年01月08日 16:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック