2007年01月30日

名前を貰えたワンコと貰えなかったワンコ

おとといの日曜日に徳島県神山町県動物愛護管理センターで、いわゆる“崖っぷち犬”の飼い主を決める抽選会が開かれたそうで、その模様が昨日のワイドショーで放送されてました。

ちなみに“崖っぷち犬”とは、徳島県の眉山の崖に施された土砂崩れ防止用のコンクリート擁壁に取り残されていたワンコで、その救出劇はワイドショーで全国に放映されまくっていたのでした〜。

で、この日はその“崖っぷち犬”と、近くの公園で捕獲されたという同じ姿かたちをした“姉妹犬”の二匹の新しい飼い主を決めるための抽選会だったのです。
崖っぷち犬”を求めて会場に集まった人々は11組

埼玉県から飛行機で来ました!」なんて豪気なオバハンが、ワイドショーのインタビューに応えてましたが、ワンコが欲しいなら地元の保健所に行けばいいのに・・・(^^;;;

注目の抽選の結果は、県内在住のおばあちゃんが当選〜♪
広島県在住のお孫さんと相談の結果、“リンリンちゃん”と新たに名付けられて、飼われることになったのだそうです。

めでたしめでたし・・・って、ちょっと待った!

もう一匹の“姉妹犬”の方はどうなったの?と思ったら、結局引き取り手は見つからなかったとのこと。

いろんなニュース記事を見ると、埼玉県の他にも兵庫県からくじを引きに来た人がいただの、「くじが外れた小学生が泣き出す場面もあった毎日新聞)」なんて様子も垣間見えるのに、引き取り手が見つからなかったということは、くじに外れた10組のいずれも“崖っぷち犬”と姿かたちが全く同じな“姉妹犬”の方には目もくれずに帰っちゃったってことですよね。

結局彼らが欲しかったのは“ワンコ”なのではなく、“崖っぷち犬”という“肩書きを持ったワンコ”だったんですねぃ〜。
本当に日本人は肩書きが大好きなんだな〜と思うと同時に、肩書きが無いために貰われなかった“姉妹犬”の方が可愛そうに思えてきました(TT)

しかも、救出現場となった眉山近くの公園では、あの救出劇以降、捨て犬や捨て猫が前よりも増えてしまったとのこと。なんだかフクザツな問題ですねぃ〜。

ちなみに、昨日のテレビ朝日系『ワイドスクランブル』で、この捨てペットが増えた件についてコメンテーターのサンプラザ中野さんが「人間性も崖っぷちですね!」と気の利いた(?)コメントを言うも、司会の大和田獏さんに軽〜くスルーされてたのも可愛そうでした(^^;;;
posted by ちゃぶ〜 at 12:38| Comment(4) | TrackBack(0) | ニュースに一言
この記事へのコメント
まぁ貰われた元崖っぷち犬もこの先どうなるかわかりませんよ...新しく飼い主になった人もインタビューでは最期まで飼いますみたいなこといってたけど1年後同じ場所に捨てられるかもしれないし。とちょっといぢわるになったりして...
Posted by はるぼぉ at 2007年01月30日 15:46
> はるぼぉさん
騒動が収まって目が覚めた時に、「やっぱりただの雑種犬じゃん」なんて事になって捨てられたら元も子もないですね〜。
大切に育てられて欲しいですが・・・。

どんな動物であれ、「要らなくなったから捨てる」なんて考えの人間にはそもそも飼う資格なんて無いですね。

いかにも「話題作りのため」みたいな感じだった埼玉のオバハンにクジが当たってたらと思うと・・・。
恐ろしいですねぃ〜((((;゜Д゜)))
Posted by ちゃぶ〜 at 2007年01月30日 17:14
 同感です。ちゃぶ〜さんの、名前が貰えなかったワンコへの優しいまなざしを感じました^^。
Posted by Meteor at 2007年01月30日 22:34
> Meteorさん
同じ姿かたちなのに、“崖っぷちに居なかった”という理由で貰われなかった方は可愛そうですね。ワンコには何の罪も無いのに・・・(TT)
Posted by ちゃぶ〜 at 2007年01月31日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック